食べるもので身体は出来ています

今日も1日お疲れ様でした。

3連休明けのお仕事で普段以上に疲労を感じたかも知れませんね。

今日はとても寒かったので

今日の晩ご飯はビーフシチューにしました。

寒い時は温かい食事がご馳走ですね。

心も温まるようなホッとするような気持ちになります。

私が作るビーフシチューの具材はいたってシンプルです。

じゃがいも、玉ねぎ、人参、牛肉です。

じゃがいもに含まれるビタミンCは、

寒さによるストレスに対する免疫力をアップしますので、

風邪をひきにくくなりますし、

人参に含まれるΒカロテンには、

視力や目の角膜を健やかに保ったり、

じゃがいも同様、

免疫力を高めてくれます。

たまねぎには抗酸化作用がありますので、

血栓が発生するのを防いでくれたり、

身体のサビ防止に役立ちます。

デミグラスソースに含まれるポリフェノールには、

抗酸化作用があり、

血圧を下げたり、認知症の予防にも役立つと言われています。

そして年齢を重ねるに定期的に食べてほしい食材の牛肉には、

筋肉や臓器、髪の毛、肌など体を作る上で、必要不可欠な栄養素のたんぱく質、

疲労回復に役立つ鉄分、

免疫力をアップする亜鉛が入っています。

年齢を重ねるごとに身体やお肌のコンディションは

日頃食べているものと密な関係があると実感します。

美味しく食べて、健やかな心と身体を保って下さいね。

タンパク質|身体をつくる

タンパク質は約20種類のアミノ酸から形成される。大豆などの植物性食品や、チーズなどの乳製品、牛肉をはじめ